Helinox(ヘリノックス) サンセットチェア 他

いまやスタンダードアイテムとなっているヘリノックス製品ですが、私もいくつか使っているので、ちょっとイチャモンをつけていきたいと思います。

サンセットチェア

サンセットチェアはコンフォートチェアと比べて地上高が高く、また背もたれが長いので、比較的ゆったり寛ぐ事ができる製品です。

割とギッチリ入っている様に見えますが、きちんと手順通り畳むと、割とすんなり袋に仕舞えますし、長さ以外は若干の余裕すら感じます。

ジャラララっと広げます。
買って直ぐの頃はショックコードのテンションが高かったので、展開時にジョイントがひとりでにパスパスと小気味良い音を立てて繋がりました。

負担が掛かる部分ですが、割と遊びなくスッと入り、ポールジョイント同様に精度の高さを感じます。

これは仕方ないのですが、ヘリノックス 製品も例外なく、長期間使っておりますとテントのポール同様にコードはだらし無く緩んできますので、頃合いを見て付け替えなくてはなりません。

先に背もたれの方にポールを突っ込みます。
この1点が最も面倒なところです。

逆にそれ以外は楽々で、背もたれの短い同社のコンフォートチェアを知らなかったら、こんなものかな、と納得できるぐらいのものです。

次に座面の方を。

割と布は張っていますが、ポールがたわみまくるほど引っ張らなくても大丈夫です。
穴へはすんなり入りますが、体重85キロの私が座っても今の所すっぽ抜けたりのトラブルはありません。

あっという間に完成です。

同様の手順でコンフォートチェアの方も組み立てます。

やはり背もたれが短い分楽に感じますね。

この椅子ですが、目を離しますと強風で簡単に飛ばされてしまうので注意が必要です。
私も何度か飛ばされましたが、その度にこの椅子の軽さに驚かされて、、
あ、簡単に飛ばされるは大げさな表現かもしれません。簡単に倒れる、といった感じです。でも突風ですと本当に飛ばされますよ。

ロッキングフット

これらのチェアに別売りのロッキングフットを装着すれば、ロッキングチェアに早変わりします。

本体よりも長く嵩張るので、正直最近は使っておりません。

中空のアルミ製でしょうか、軽く冷たい質感でしっかりとしております。

前後は決まっており、片方にそれを示すシールが貼られていますので、間違えないと思います。

コンフォートチェア用もあります。

さて、上記2点のロッキングフットですが、正直どちらもオススメできません。
フローリングですと、床を傷つけそうですし、何よりもロッキングチェアで私が重要視するスイング感がイマイチ。肘掛もありませんし。
また、座ったまま少し腰を捻りますと、ロッキングフット未装着時よりも嫌な軋みが音が。

感性は人それぞれですので、ご興味ある方はお試しください。

サンセットチェア用↓

コンフォートチェア用↓

タクティカルテーブル L

次にテーブルです。

ヘリノックスではテーブルワンの普通サイズがあるのですが、サンセットチェアや、オンウェー コンフォートチェア2に合わせて、やや高さのあるLサイズを選択しました。

ジャラッと開けます。

天板や骨組みに分けます。

スポンサーリンク

サクッと組みあがります。

実はこのテーブル面の組み方は毎回迷うのですが、天板裏に簡単な図解があるので、それを見れば何とかなります。

簡単に完成します。

当たり前ですが、スノーピークのワンタッチ竹やユニフレームの焚き火テーブル辺りと比べると、なかなかの手間です。片付けも毎回の事と考えますと。

ただ、軽量コンパクトとなりますので、車に積みっぱなしにしても荷室の負担が小さいのが魅力。
私は普段アルファードの床下収納に入れっぱなしにしております。

サイズは74,5×57×50(高さ)
ちなみにMサイズは57×40×38(高さ)

ということで、天板の広さはユニフレームの焚き火テーブルLより広いです。

それと、、耐荷重は驚きの50kgという事ですが、押せばたわむソフトな天板に重量物を置く気にはなれませんし、シャンパングラスの様な高重心のグラスを置くのも抵抗があります。
でも、ソフトな天板なので倒れてもグラスは割れないと思います。溢れるだけで済みますね。笑

食器やジョッキの様な安定したものが似合うのでしょうかね。

3点でもコールマンのコンパクトフォールディングチェアに収まぐらいのサイズです。

このコールマンのコンパクトフォールディングチェアですが、こちらの方が安定するのか、子たちは競う様に座ります。
私も収納やサイズを考えなくて良いのなら、こちらを選びます。

シート色によってコットンと化繊の2種類がありますので、お気を付け下さい。
私の買ったアイビーグリーンはコットンでした。
焼肉のタレ染みが取れません。笑

ヘリノックスチェアも良いですが、お子さんとファミリーキャンプをされる方にはコールマン コンパクトフォールディングチェアもオススメです!笑
なんせ車から出せばワンタッチで展開できますし。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください