【MITSUBISHI/三菱鉛筆】ユニ ペンシルホルダー デビューセット/鉛筆補助軸

昨年のある日、親しくさせてもらっている方から突然プレゼントされたこの文房具をご紹介したいと思います。

uni

この印象的なロゴ、あ、三菱鉛筆だ!と直ぐに気付きました。
ユニです。(この三菱鉛筆株式会社ですが、あの三菱のグループ企業ではありません

大きさの割と重いです。

そして、重いと期待が膨らみます。笑

お、鉛筆とボールペンのセットか!?

そんなマニアックな組み合わせも無くは無いのでしょうが、これはペンシルホルダーと専用短芯鉛筆のセットです。
鉛筆を貰ってこんなにワクワクしたのは初めてでした。
小学生の時に鉛筆のセットを貰った時とは全く違う気持ちです。私も大人になりました。

もしかしたら、鉛筆を使うのはテストの記号問題で転がして以来かも知れません。
懐かしい感触です。

あ、鉛筆にばかりに気が入ってしまい、主役のペンシルホルダーを蔑ろにするところでした。

高級品の雰囲気が出ています。
使用材は紫檀(ローズウッド)でしょうか。
黒檀より明るく、また少し柔らかい雰囲気が木の温もりを感じさせます。

先を緩めて鉛筆を入れてみました。
もちろんガタツキやらはなく、高い一体感を感じます。

この色ですが、鉛筆の色に合わせてコーディネートされたのでしょうかね。

短芯鉛筆ではなく、使い慣れた鉛筆を差し込みたい方、お尻側は抜ける仕組みですのでご安心ください。
お尻が出てもこの色合いのせいでしょうか、悪くありません。

お尻が出ない状態ですと、専用短芯鉛筆でもキャップがギリギリ、または先が少し潰れるぐらいタイトです。

持ち前の貧乏根性から専用短芯鉛筆は削らず、子供のトンボ鉛筆を装着しました。

如何でしょう、この何とも言えないブチ壊し感は。
専用短芯鉛筆装着時の優れたデザイン性が改めて分かる結果となりました。

さて、楽器を持ったら奏でたくなるのと同じで、筆記具を持つと筆を走らせたくなります。

トンボ鉛筆とuniのペンシルホルダーで200万パワー!
いつもの2倍細く削って200万×2の400万パワー!
そして、頂いたことへの感謝が加われば400万×3の、バッファローマン、お前を上回る,,,,,,,,,,,,

そんなテンションで書きました。

ペンシルホルダーとは、短くなってしまった鉛筆を使うための物だと思っていたのですが、私が物知らずでした。
確かに一手間はありますが、書き味は勿論、他にもそれを補って余りある、こだわりの文具としての魅力がそこにあります。

鉛筆派や芯ホルダー派の方、一度お使いになってみては如何でしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • えっ?

    えっっ!?

    その絵自分で描いたんですか?!!

    ほんまになんでもできますね!!!

    • いやいやいや、キン肉マンのコミック見ながら描いたのですが、モノホンと見比べますと、ずんぐりしちゃってますよ。笑
      ちなみに絵はウォーズマンの幼少期です。ご存知でした??

  • ベアークローは毎日磨いて枕元に置いて寝るのが習慣です!

    ところでこのペンシルホルダー、すごく欲しくなって探してみたのですが、2008年uni50周年記念で限定5000セット限定発売で、それ以来同型のペンシルホルダーは発売されてないみたいです。残念っ

    • おお!ウォーズマンご存知でしたか!笑

      ペンシルホルダーの貴重な情報、ありがとうございます。
      私も記事を載せた後に知りまして、1,200万パワーの感謝でも足りなかったのでは、なんて思っています。笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください