THERMAREST(サーマレスト) コンプレッシブルピロー

アウトドアでの枕、意外に大切だと最近気付きました。
皆さんはどういったものをお使いでしょうか。

私は長らくバスタオルを重ねたものを使っておりました。
しかし朝方に耳が痛くて目が醒めることもしばしばで……

また、空気を入れるタイプも使っていたのですが、ゴソゴソと耳にやかましく、神経質な私は気が散るため、また直ぐにバスタオルに戻したり…..

しかしながら、我が家もチビの成長とともにテン泊できる人数が増え、お風呂用と枕に使うタオルを合わせると相当な量となるため、キャンプ用の枕を別に買うことにしました。

サーマレストのコンプレッシブルピローを人数分買う

今回は枕に関して大して下調べもせず、WILD-1にでも行けば適当に何か見つかるだろう、というぐらいの低いモチベーションで買い物に臨みました。

店内のシュラフコーナー付近に数種類枕的なものが置いてあったのですが、思ったより種類は少なく、その中でもこのサーマレスト コンプレッシブピローの手触り、質感、サイズがほどよく、即決です。

サイズはS(30×41cm)M(36×46cm)L(41×58cm)
カラーバリエーションは買った後に知ったのですが、ライクン、ムーン、ブルーヘザー、ピスタチオ、デニム、カーディナル、グレーとバリエーションは豊か。

家内とチビ二人用にSを3つ、そして私用にLを1つ購入しました。
店頭にあったのはカーディナルとデニムの2種類。

 

Sサイズです。色はデニム。

展開して直ぐはガサガサなのですが、10分もすれば十分なボリュームが出てきます。

同じくSサイズ。こちらはカーディナル。
こんなに沢山のカラーバリエーションがあるのなら、家族みんなバラバラの色でもよかったなぁ、なんて今では思っています。
通販で買ったら良かったなぁ。

何を買うにも下調べは大切です。
今回改めて身に沁みました。

あ、これは裏側の画像です。

スポンサーリンク

収納ですが、端っこからグルグルと巻いていきます。

ここでもう一段階握力を使って圧縮し、端の袋に入れ込みます。

SサイズとLサイズです。
こうしてみるとLサイズは大きいですが、実際使ってみたところSでも十分でした。パッキングに余裕のない方は無理せずSにされる事をお勧めします。

展開してすぐのSサイズと膨らんだ後のLサイズです。
安心して下さい。Sサイズも同じくらい膨らみます。

私は汗かきなので、この枕にタオルを巻いて使っており、結局のところ風呂用と合わせるとそれなりの量のタオルが必要となってしまいました。
しかしながら、寝心地はタオルだけで寝ていた時とは比較にならない程良くなっており、良い買い物をしたなぁ、と満足しております。

アウトドアの枕で迷っておられる方、是非このサーマレスト コンプレッシブルピローも選択肢に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください