例のスロークッカーで8時間煮込んでカレーを作りました。

スロークッカーでカレーを作ってみました。

例のスロークッカーの記事はこちらへ

image

今回は近場にあったiPad Proのカメラで撮影しました。

先ずはカレーという事で、24時ぐらいからガサゴソと始めました。

家族が寝静まった台所は仕事が捗ります。

スポンサーリンク

ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎを切っていると、2階から家内が降りてくる音がしたので、こりゃなんか文句言われそうだな、とため息をついていると、案の定、こんなに遅くに何やっている?から始まり、玉ねぎは古い奴があるからそれから使えだの、え〜鶏肉焼いてから入れるの?材料全部入れるだけでできるって言ってたくせに、など色々と言われ、少々出鼻を挫かれはしましたが、鶏肉を炒める寸前まで進める事が出来ました。

しかし、なんだか面倒くさくなって、結局鶏肉は焼かず、ルウもお湯で解かずに塊のまま突っ込みました。出鼻を挫かれたダメージでしょうか。ともかく、10時間のタイマー、火力は弱で歯を磨いて床に就きました。

image

今度のはiPhone 6sで撮りました。違いは判りませんが、iPad Proで撮影するのはサイズ的にしんどかったです。

さて、朝起きて階段を降りようとしたら、もう既にカレー臭が充満しておりました。

で、早速食べたのですが、全ての野菜は煮崩れることなく美味く煮えていて、また鶏肉は崩れるほど柔らかくなっていました。しかし肝心の味はなんかダメでした。深みも何にも無い、工夫の無い味。後にルウを足すと、割とまともな味になりましたが、いつもの作るカレーの方が美味しかったです。

今回の問題点。それはプロセスでしょうか。あと、私自身のスロークッカー経験不足。

出鼻を挫かれたことを理由にしましたが、いつもは入れる焦がし玉ねぎを省略、肉も生のまま何もせず突っ込んだ事、そして最初に全部突っ込んでそのまま放置しましたので、煮込み、アク取りや、途中で味の調整、修正ができなかった事も問題だったのでしょう。

でもまだ全部突っ込み調理、諦めていません。これを諦めると恐らくこいつは使われなくなります。また無駄遣いとなってしまいますので、意地でも調理法を確立します。カレーは作りすぎで飽きたので、角煮あたりを頑張ってみます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 私の子どもの頃に、クロックポットという商品名だったと思いますが、同じようなものが家にありました。
    豆を煮るのに使ってた記憶があります。

    私も学生時代には自分で魚を煮たりしました。
    ゆっくり時間をかけて煮込むと、魚の骨まで柔らかくなりました。

    豚角煮もきっと軟らかく出来ると思いますよ。

    • コメントありがとうございます。

      私も同じく子供の頃、同じ様なものが家にあった事を記憶しております。
      中学生の時でしたか、毎日の様に遊んでいた友人が気に入って食べてくれていた我が家のカレーは、そのスロークッカーで作ったものでした。
      魚の骨まで柔らかくなるとの事で、また挑戦してみたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください