北海道の旅行 2019 ④

中札内フェーリエンドルフで2泊、そこから釧路の山花公園キャンプ場で2泊という旅程だったのですが、釧路は台風の影響が色濃く、また深刻な被害の状況も報じられていた為、プラス2泊を中札内で消費することにしました。

北海道の旅 2019 ①
北海道の旅 2019 ②
北海道の旅 2019 ③

フェーリエンドルフを満喫

ここフェーリエンドルフ管理棟(市庁舎)2階のサロンには、許可さえ取れば宿泊者が自由に使えるピアノもあります。(ピアノ付きコテージはアップライトピアノですがこちらはグランドピアノ)
ただし、調律は絶望的(たまたまでしょうか?)なので、ホンキートンク・ピアノと解釈して、ラグタイムを楽しむのがオススメ。笑
しかしグランドのホンキートンク状態は軽い衝撃を受けます。

仕方なくお酒を飲んだり。(仕方なくです)

またサロンで練習したり。

またまたお酒を飲んだり。

そんな風に過ごしている内に残念ながら晴れてきたので、4日目にして初めて外出らしいが外出をしました。

スポンサーリンク

またしても花畑牧場

フェーリエンドルフから近い家族で楽しめそうなスポットの一つ、田中義剛氏の花畑牧場に今年も行ってしまいました。

そういえば今年は厨房に義剛氏本人がいて、少し店内がザワついておりました。

また、花畑牧場には自家製のチーズ料理を提供するラクレットカフェが2018年4月にオープンし、様々なチーズ料理を堪能する事ができます。
私もラクレットチーズカレーとモッツァレラチーズのマルゲリータを注文し、久々の外食を楽しみました。


花畑牧場 ラクレットカフェ(営業時間10:00~16:00)

花畑牧場では、馬、ヤギ、ヒツジ、そしてウサギなどの動物が飼われており、間近で触れ合う事ができます。
草をブチブチ貪る羊にも癒され、久々の外出で大はしゃぎの子たちと一緒に割と楽しみました。
雨には雨の楽しみ方がある、なんて強がっていたのですが、やはり晴天は気持ちも晴れやかになりますね。雨男としては複雑ですが。

とかち帯広空港

中札内4日間の観光を、この晴れた最後の1日に凝縮させるが如く車を走らせていたのですが、とにかく日差しが強く、暑くて暑くて。
涼を求めて「とかち帯広空港」を見に行く事にしました。
…..涼を求めて遥々本州から渡ってきたのですがね。

規模は女満別空港よりデカく、お土産を買い忘れてもここである程度揃うかなと、そんな感じです。

せっかく空港へ来たので、旅客機の離発着なんかを見たかったのですが、タイミングが合わず今回は諦めることに。
…..本当に涼みに来ただけでした。

ばんえい牧場十勝

十勝といえば「ばんえい競馬」です。
なんて家内が言っていたのですが、私は初めて聞きました。
サラブレッドとは違う”ばん馬”の大きく力強い姿は、実際に見るとその迫力に圧倒されると聞きます。ばん馬を間近に見られるのが、帯広空港からほど近い「ばんえい牧場十勝」です。

ゴルフのカート(エンジン)で園内を回る事ができ、子たちは砂利道とエンジンの鼓動でテンションMAX。
しかし暑い!!

この中にばんえい競馬で活躍するばん馬たちが。
そこ彼処に漂う匂い(臭い)でビンビン気配を感じます。

ばん馬と初対面。
彼らは馬舎に入っているので、その全体を写す事はできなかったのですが、とにかく各パーツがゴツい。そして背が高い!
黒王号(北斗の拳)ってこんな感じなのかな、と思わせるスケールがあり、子たちは恐れ慄き、近付くことすら躊躇う程に。

今夏の暑さは異常らしく、人参の痛むのが早いと職員の方が言っていました。

確かに餌箱の人参も液状化(?)しているものが多く見受けられ、崩れていないものを選ばなくてはなりませんでした。

仔馬だったら子たちも触れ合えるのでは、なんて勧めてもらったのですが、やはり長男は期待を裏切らず腰が引けまくっておりましたね。
何度も目前で人参を落とし、馬をイラつかせている様子に私の方もイライラしました。本当に馬が気の毒で。

しかしこのヘタレ具合、確実に私似です。

フェーリエンドルフへの帰り道、道の駅で「清水アスパラサイダー」なるものを発見。
ただ、もっと尖った味を期待していたのですが、強い甘さのせいで、アスパラ風味は後味に僅かに感じる程度でした。もっと攻めて良いと思います。この手の商品は。

結局、コテージに戻ってからも子たちは夕暮れまで虫取りに興じておりました。そうです。この感じを想像してここ中札内フェーリエンドルフを予約をしていたのです。コテージの周りで遊んでいるチビに、「そろそろご飯だぞ!」なんて声掛けをする自分を。笑

次からは全日程雨天も想定して予定を組まないといけないな、なんて強く思いましたよ。雨男としては。

思いがけず4泊5日となった中札内とも今日でおしまい。
次は富良野です。

⑤に続く。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください