北海道の旅 2019 ③

北海道旅行も中盤へと差し掛かりました。

北海道の旅 2019 ①
北海道の旅 2019 ②

しかし嫌な予感がしておりました。
なぜなら、快晴だったからです。笑

いつもは曇天に曇天を重ね、雨なんか当たり前なのに、一番景色を楽しみにしていた日高で晴れるなんて、何か悪いことが起こるのではと、本気で心配しながらの日高観光でした。

新冠サラブレッド銀座

日高といえばサラブレッドや昆布というイメージ。

海が美しく、振り返れば草原にサラブレッドたちが、という最高のロケーションです。

雲こそありますが、遠くまで景色が見渡せます。

しかしながら、疲れも出始める旅の中盤、しかも30度を超す気温と日差しに、家族みんなホテルへチェックインモードとなりました。(単純に私の睡眠不足もあります)

予感的中

宿泊地は静内エクリプスホテル

とにかく公式サイトを見ても朝食推しの一点のこのホテル、ハードルをここまで上げて大丈夫か、という感じです。

そこから私は家族を置いて付近の散策や、カラオケルームに籠ったり、割と一人静内の街を楽しみました。

そして、朝食を楽しみに久々のベッドで気持ちよく就寝したのですが、夜中に長男が体調を崩し、静内の救急外来へ行くという若干想定外の事態に。

そんなこんなで、北海道から帰るとセイコーマートのカードの他に、病院の診察券やカラオケの会員証が増えます。
5年前は同じく長男が旭川医科大学病院(手足口病)でお世話になりましたし。

病院で症状が収まり、しばらくして帰されたのですが、残念ながら「北海道でいちばん美味しい朝ごはん」はおあずけに。

嫌な予感は的中です。

ここからは台風の進路との兼ね合い、そして長男に無理のない旅程へシフトしていくこととなります。

中札内フェーリエンドルフ 

フェーリエンドルフへは3年連続4度目です。

家内は鬱蒼感が苦手でこの施設をそれほど良く思っていません。
コテージ内も暗いですし。
しかし、子たちは昆虫採集や農作物の収穫が楽しく、ここ中札内フェーリエンドルフを大変気に入っています。

画像は唯一晴れ間が見えた4日目のものです。

4日目!?と思われるでしょうが、それは後々語るとしまして、まずはフェーリエンドルフ恒例の収穫物披露からです。
一昨年の様子

スポンサーリンク

ピーマン。

レタスや大葉、セロリ、キュウリ。

3枚目のキン消し(アトランティス)が乗っかっているのはチビのいたずらなのですが、野菜のサイズ感がわかり、今となっては良い仕事したな、なんて思っております。

どうせ食べるなら中札内産の鶏肉が食べたかったのですが、スーパーにあったのは伊達産のものだけで、それならばと最初から串が打たれている道内産の焼き鳥を購入しました。

イワタニ カセットガス 炉ばた焼器 炙りや

夕食の焼き鳥には一昨年から使っている「イワタニ カセットガス 炉ばた焼器 炙りや」を使用しました。
当然、炭火の方がパリッと香ばしく、”焼き鳥感”は上です。しかしフライパンで焼いたものと比べるますと、なかなかそれっぽい焼き上がりで、火力も十分、割と良い仕事をしてくれるのです、コイツは。

コテージのデッキで使うには丁度良いサイズで、また手入れも比較的楽ですので、私は車の床下収納に常備し、いつでも使えるようにしております。(ガスは現地調達)

本体付属はアミだけなのですが、非公式のオプションとして鉄板も売られており、それを使う事で、この様に網焼きとは違った楽しみ方が可能なのも面白い所。(ご使用は自己責任で)

ここにきて台風の影響が大きく出始め、次の予定地である釧路をどうするか、暖炉の炎を見つめながらぼんやりと考えました。

④へ続く

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください