笑’s バーナーゴトク H-80

私はコーヒー党ではないのですが、やっとこさ登った山頂でコーヒーを飲むロマンは理解できます。
まあ、登山もしませんし、コーヒーも飲まないので、これら全てが”エア”なのですが、せめて道具ぐらいは”リアル”でと思い、登山に持参するドリップコーヒーセットの構築に取り掛かりました。
自分で言っていても意味不明なのですが。笑

火元は固形燃料かアルコールストーブか。

日帰り登山でコーヒーをドリップするぐらいならば、アルコールストーブ、又は固形燃料がカセットガス式よりも軽量という結論に至り、とりあえず新しく出たエスビットのポケットストーブのミディアムサイズを買ってみました。

見事に燃料、五徳、風防、これで全て完結。
燃料は溢れたり漏れたりしない一回燃やし切りのパック。
1杯のコーヒーを飲む為に湯を沸かすだけなら、こんなに信頼できるセットは無いと思います。(燃料は余りますが…)

なのですが、これまでアルコールストーブを楽しく触ってきた手前、せっかくですのでアルコールストーブ有りきで選んでいきたいと思います。

今回は 笑’s(sho’s) バーナーゴトク H-80 をチョイス

折りたたみ式のコンロや薪ストーブなど、多くのアイディア商品を世に出しているショーズさんのゴトクを買ってみました。

ステンレス製のパーツ3枚を組み合わせるタイプです。
これらは完璧に重ねる事ができるので、とても綺麗に纏まります。

こんな感じでそれぞれを繋げていくことで、五徳が形成されます。

2度ほど使ったところ、こんな色に育ちました。
ですが、使われている0.5mm厚のステンレス板に変形は一切ありません。

さて、この0.5mm厚のステンレス板ですが、しっかりとした物を想像されると意外に柔いな、と。
しかし、0.5mm厚で大丈夫かいな、と思って触ってみると、意外にしっかりしているな、という感じです。
つまり、丁度良いのかも知れませんよ。過不足のない感じで。

上から見ますとこんな形です。
板3枚といっても、真っ直ぐな板ではなく両端に少し角度がつけられてので、完全なトライアングルになるのではなく、少し膨らんだ形状に。

下に引っ掛けるような縁があるのは、トランギアのアルコールストーブの縁にジャストフィットさせ、熱せられたストーブ本体と地面にスペースを設ける為です。(だと思います)

ピッタリ縁に引っ掛かります。
キツくなく、緩々でもない、スッとフィットさせる事ができる素敵なサイズ感です。

う、浮いている!?

こんな風に直接地面に触れない感じにできます。

RSRのトルネード式ですと、こんな風に直になります。
ですが、専用設計のトランギアではなく、今回はより軽量なRSRを使ってみます。

しかし、スノーピークの220マグだと、箸にも棒にもかかりません。

ならば300なら!?

これもダメです。

結局450でもダメで、700でギリギリという感じでした。
ただ、1杯のコーヒーを沸かすには少々デカ過ぎます。

というわけで五徳アダプタ系を試します。

イルサのエスプレッソメーカー用の五徳。
堂々たる風貌。
さすが鋳物。

そして安定感、重厚感!

って重くなったらダメじゃん!
エア登山だからと言って重量やサイズを蔑ろにしてはなりません。

ということで、飛騨コンロに使う様なステンレス網に仮決定。

見栄えはかなり劣りますが、安定感は悪くありません。

なんでしょう…ホタテでも乗っけたくなります。

でも今回はエア炉端焼きで済ましておきしょう。

こんな感じでスノーピーク300チタン、滑る印象ですが、多少傾けてもずれ落ちる事はありませんでした。

ティーパックでお茶を飲むのならこのセットで大丈夫なのですが、ドリップコーヒーとなるともう一つカップが要りますね。

という訳で、次回はスタッキングや最終的な重量に関して検討していきます。
あとコーヒーを淹れる道具と。

まあ、コーヒーは飲まないし、登山もしないんですけどね。

今回のアイテムまとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3 件のコメント

  • 頂上コーヒー、こちらはエアじゃなく取り組む予定ですので、情報大変ありがたいです。
    コンパクト、かつお値段もお手頃なので、かなりウキウキします♪

  • それにしても、持っていくならやっぱり固形燃料かなぁ。
    無駄に9本も買ったカセットボンベを、早く消費したいものです。
    防災売り場でヒーター買おうっと。

    • 先日、カセットガスファンヒーターの為にカセットボンベを30本購入しました。
      気の毒に郵便局の配達員の方は重そうにされていました。

      固形燃料の無骨さは中々ですよ。
      これなら絶対にナメられないです。笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください