ユニフレーム「焚き火テーブル ラージ」

ユニフレーム「焚き火テーブル ラージ」

キャンプやバーベキュー等のアウトドア活動時に必ず持参するアイテム、誰にでも1つや2つあると思います。
私にとっては、ユニフレームさんの焚き火テーブルがその一つです。

ラージサイズが登場!?

当ブログの更新状況を見て頂くとご理解頂ける通り、最近はこの手のアイテム事情に疎くなっておりました。
懐事情と物欲が強くリンクしている事を痛感した次第で….

ともかく、寝耳に水と申しますか、青天の霹靂と申しますか、ネットサーフィン中に「焚き火テーブル ラージ」という文字列が目に入り、恐る恐るググってみますと、新製品として、おなじみ焚き火テーブルのラージサイズが発売されているではありませんか。

使い道は分かりませんが、買ってから見極めようというわけで、即ポチりです。

たしかにラージ

木部が両モデル共に同じ幅なので、ラージの方は金属面がより広く感じられ、Mサイズを拡大した、という感じは不思議に薄いです。綺麗だからそう思うだけかも知れませんが。

ちなみにサイズの方は以下の様になっています。

Mサイズ 55×35×(高さ)37cm 重量 2.3kg
Lサイズ  70×45×(高さ)37cm 重量 3,24kg

なるほど、数値を見ますとMサイズの短辺×2がLサイズの長辺となっているのですね。

使用のイメージ

Mサイズはセパレートタイプのシングルバーナーが綺麗に収まります。
十分なスペースです。

さて、次はLサイズです。

バーナーに加えて食器が置けそうですね。
広々です。

こう置くと大きなスペースが生まれるのですが、脚の構造上、重量物を端に持って行くのは転倒の原因となるので止めましょう。

システムとしての発展性は

当然かも知れませんが高さは同じです。
Mサイズを2脚持っていますので、3脚全て使って長方形の大型テーブルとして使用する事もできます。
逆に、繋げて綺麗な長方形で使いたいのであれば、Lサイズに加えてM×2が必要という事です。

ユニフレーム

スポンサーリンク

脚です。
太さは両サイズともに同じで、収まりもMサイズと同じシステムです。
Lサイズは幅の増加に伴い、高さを合わせる為に脚の長さも長くなっております。

Lサイズの脚ですが、Mサイズにも取り付け可能で、この様に腰高スタイルを楽しむ事も可能。
そして、LサイズにMサイズの脚を付けますと、安定は下がりますが、よりローなスタイルにできます。(脚が中央に集中しますのでオススメしません)

また、片付ける時、Lサイズは綺麗にMサイズが重ねることができ、スマートに持ち運ぶ事ができます。(ただし相当に重くなります)

今回の満足度は

Lサイズを使ってMサイズの絶妙なサイズ感に改めて感心するのですが、これも広ければ広いで、まあ色々置けるし悪くないな、という感想は持てました。
分かりきった面白くもなんともない感想なのですが。(笑)

メインにするには狭く、サイドテーブル的なパーソナル用途では嵩張る、そんなサイズ感の「焚き火テーブル ラージサイズ」、なんとなく買うと高い満足感は得られないかも知れません。
当たり前ですが、今までのサイズでは小さいと感じていた方、そういった方にオススメです。(笑)

今から揃える方には、M×2脚をオススメします。(笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください