UNIFLAME(ユニフレーム) テーブルトップバーナー US-D

UNIFLAME (ユニフレーム)テーブルトップバーナー US-D

今回は長年愛用しているユニフレームのシングルバーナーのご紹介です。

汁受けと五徳のみのシンプル、そして無骨な外観通り、分散耐荷重は15キロと、これは極厚鉄板も使用できるタフさです。そして火力はノーマルガスで3,000kcal/h、プレミアムガスで3,900kcal/hと、カセットフーマーベラス2 と同程度のパワーということです。
ただし、ハイパワーのプレミアムガスを使うと、最大火力での連続燃焼時間がレギュラーガス55分なのに対し、プレミアムガスは45分と若干短くなってしまいます。

そんな「UNIFLAME(ユニフレーム) テーブルトップバーナー US-D」を早速ご紹介します。

えらく汚れているのは、先日炭の火起こしをこの上でやって後に磨くのを忘れていたからです。

サイズは約200×200×90mm(ホースの長さ 約350mm)重量約900g
本体は五徳と汁受け、そしてイグナイターのみのシンプルな構成です。

ガスの取り付け口はスライド式で、仕舞う時はある程度コンパクトになります。

ウィングを開けるとこの様な感じに。

ガスを取り付けるのにコツが要りまして、慣れないとプシューとガス臭くなります。
コツは、「躊躇なく」です。笑

ジョイントした状態です。
安定感があり、転がる様な心配はありません。

ノブは樹脂製ではなく、ローズウッドの様な天然木です。
滑りはしませんが、ギザギザがあった方が操作性は良いのでしょうね。

ホースはこの様な感じでしっかりとジョイントされています。

惜しむべきはイグナイターの位置です。
開栓つまみがボンベ側にあるので、イグナイターも「EPIgasAPSA-III STOVE」の様にボンベ側に欲しかったです。

ガスボンベ側のジョイントも本体側同様にしっかりしています。

このテーブルトップバーナー US-Dですが、ご家庭のテーブルで使用する場合は、木部に傷をつけない様何かを敷くなどの工夫をした方が良いです。もちろん耐火性のものを。

バーナーは幅広く、また五徳も割と広いですので大きな鍋も楽々です。

パーコレーターやエスプレッソメーカーの様な小さなものを乗せる場合は、五徳アダプターがあった方が断然安定感が増します。

まとめ

テーブルトップバーナー US-Dですが、吊るしのまま野外で使うと、見た目のままですが風に激弱です。よって風除けは必須ですね。
また、印象的な大型汁受けは良いのですが、五徳やバーナー下の掃除がしにくく、シンプルに見える分、余計にイライラします。液体燃料系バーナーの様にバラして掃除すればいいのですが、楽をしたくてCB缶仕様を選んでいる側面もありますし。

なんてネガティヴな意見で纏めてしまいましたが、文句を言いつつも10年以上我が家のキャンプでは皆勤賞です。
また、ダッチオーブン他、重量級の調理器具を乗せても安定していましたし、ここまで全くのノートラブル!

記事にしていたらなんだか磨いてやりたくなって、汁受けを磨いてみました。
よし、次はバーナーヘッドです。その内ピカールでピッカピカにしてやります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください