リチウムイオンバッテリー BP-SCL2

リチウムイオンバッテリー BP-SCL2

Leica M-D (Typ262)の購入時に、ポイントで予備のバッテリーを購入しました。

Leica M-D (Typ262)の記事はこちら

皆さんもデジカメを買ったら、バッテリーの事は心配になるでしょう??ミラーレスの人は特に。

ちなみにソニーα7sの時はバッテリーを3つ持って撮影に出掛けておりましたし(動画も撮っていたので)、シグマDP3の時はバッテリーを6つ持って野に分け入っていました。

さすがにソニーは高いですが、シグマは怖いぐらいに安価ですね。社外品じゃないのに。

一眼レフ=余裕のバッテリー、ミラーレス=予備が当たり前、という図式がいつの間にか私の中でできており、この度のM-Dはその形からミラーレスに分類してしまい、予備のバッテリーを反射的にポチってしまっていました。

しかし、EVFや背面液晶でピントを追い込む事もなく、更にプレビューをだらだら見る事も無いこの機種のどこに電池を消耗する要素があるのか、冷静に考えればわかる事なのですが、あの時は色々と甘かったです。
バッテリーが減らないとは言え、どうせ海外製品なのでそこそこ減るだろう、ぐらいに。

蓋を開けてみれば、買ってから三週間が経ちますが、まだバッテリー残量は80パーセントあります。
もちろん最初に満充電にしてから、一度も充電しておりません。

dsc_1738

当然予備のバッテリーは開封すらしておりません!

バッテリーごときでゴタゴタ言うな、と思った方、一言だけ宜しいでしょうか?

むしろ言葉は必要ありませんよね。おこづかいが一瞬でパーです。(購入時16,400円でした)

今のバッテリーがダメになった時に新しいのを買えば良かったと、本当に後悔しております。
こうしている間にも箱の中でどんどん劣化していっていると思うと、悲しくもなりますが、重ね重ね、私は気が小さいもので、これで心の余裕を買ったのだと思うと…….多少救われます。お恥ずかしいですが。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください