ハイエースを吹っ切る3

まだまだ吹っ切れません。

吹っ切る1
吹っ切る2

次にご紹介するのは、

レーダークルーズコントロール

トヨタのページには次の様な説明があります。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

高速道路で定速走行だけでなく、0km/hから約100km/hの広い範囲で先行車との車間距離を適切に保ちながら追従走行ができます。先行車が停止した時には適切な車間距離を保ってスムーズに停止し、停止状態を維持。先行車が発進すると、アクセル操作またはスイッチ操作により追従走行を再開します。

この機能によって私の高速道路での運転は変わりました。

具体的に言いますと、ハンドル操作だけで高速の入り口から出口まで運転できます。

また、ヘッドライトはオート+オートマチックハイビームの為に、ヘッドライトの点灯、消灯に加え、ハイ、ローの切り替えもしなくなりました。

また、高速道路での渋滞も、レーダークルーズが0km/hから115km/hまで対応しているため、ブレーキやアクセル操作をせずとも前車が止まれば自動的に止まりますし、進めば進ます事もできます。

今まで乗っていたクルマで付いていたオートクルーズが飾りの様に思える程の便利さです。

この先、ハンドルまで自動になり、いよいよ本格的な自動運転の時代が来る様ですが、その過渡期のこうした運転支援機能でさえ、便利すぎて怖くなります。

 

今では当たり前の様に付いているバックカメラのおかげで、毎回の車庫入れが上手くなった様に思っていたのですが、たまにカメラの付いていない家内のクルマに乗ると、駐車時になんとも言えない不安感に襲われ、自分の退化した感覚に情けなくなってしまいます。
今後出てくるであろう未来の運転支援機能が私のどういった感覚を退化させていくのか、若干不安ではありますが、それらハイテクを否定しますと、無骨なハイエースが俄然輝き出してしまうので、今はその便利な機能に存分に溺れようと思っています。

 

続く。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください