梅酒4

仕込んでから1ヶ月が経ちましたので経過報告を。

過去の記事

梅酒1
梅酒2
梅酒3

 

image

スピリタスの方は亀の水槽の様な濁った感じですが、いい感じの漬かり具合に見え、期待が高まります。

 

image

それに対してボンベイサファイアの方は、割と透明感溢れる感じで、梅の細かい表情まで見て取れます。

こうして見てみますとスピリタス、ボンベイサファイア共に氷砂糖は溶けきった様です。

 

image

スピリタスの方から嗅いでみることにします。(あと10日程お酒は口にしないと決めているもので)

開けて嗅ぐと、あまり匂いがしません。
ん?と近づいて嗅ぐと、恐ろしいアルコールのツンとくる匂いに仰け反ってしまいました。これは間違いなく火をつけると燃えるタイプの気体です。
しかし、仰け反ったりする様な不意の動作はボンバーマンには非常に危険です。
でも、風呂上がりで筋肉が緩んでいたおかげか、それ程ダメージを無くホッとしました。

梅の香りは、ツン!というのが強すぎて、分かりにくいです。と言いますか、ツン!となるのが怖くて、深く匂いを嗅ぐ事を鼻が拒否する感じです。

そして次にボンベイサファイアの方を同様に嗅いでみますと、ジンの香りに混じって梅のフルーティな香りが広がり、おお!っとなりました。
と同時に、スピリタスどういう事やねん!?という疑問が。

やはり飲んでみないと何とも言えませんね。
色や香りからの情報はこんなものでした。

味見の解禁日は8/12日と決めています。

またご報告いたします。

 

梅酒5に続く

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください