ラングラー→ミニバン2

前回の続きです。今回ばかりは前回から読まれた方がいいと思います。

前回の記事はこちら

タンドラを当て馬にして本命のハイエースを落とし所に持っていく作戦は脆くも、そして儚く消え去りました。そこで、ハイエースをシレッとミニバンの仲間に入れる作戦に出ることに。

今現在、誰が言ったか知りませんが、ミニバンにはLL、L、M、Sとクラス分けされておりまして、うまい具合にサイズで分けられる様です。尚、太字の車種はシレッとミニバン仲間作戦です。

LLクラス

アルファード/ヴェルファイア(以下アルヴェルと略します)、エルグランド 、ハイエース ワイド

Lクラス

エスティマ、オデッセイ 等

Mクラス

ノア/ヴォクシー、セレナ、ステップワゴン、デリカ 、ハイエース ナロー

Sクラスは対象外ですのでこの際省きますが、シエンタなどは結構売れいて長期の納車待ちがあるとも聞きます。また、他にもNV200、NV350、タウンエースなどのビジネスカーもあるのですが、これもまた対象外とします。尚、マツダやスバルからはミニバンに対してヤル気をあまり感じないので、これまた除外です。

上記の中から選ぶ事となるのですが、その中でお互いに譲れないポイントを挙げていく事にしました。

私の希望

◯ アウトドアアイテムが沢山積めるラゲッジスペース
◯ シートヒーター
※ ハイエースならシートヒーターは無くてもいいし、内装もなんでもいい。

家内の希望

◯ シートや内装が明るい(黒はやめてくれ)
◯ 2列目はキャプテンシート
◯ 3列目もしっかり座れるシート



◯ あと、ハイエース以外

 

最後の『あと、ハイエース以外』で終了しました。

 

好きなクルマ(ラングラー)乗れたしええやんか。と言われて納得しかけたのですが、クルマを買うのにいちいち家族の意見を取り入れなければならない道理はあるのか?とロクデナシの自分を取り戻しかけたのですが、クルマの事でいちいち争ってもいられません。色々ともちません。

そして数日間、考えに考え悩み抜いた結果、もう普通のミニバンでええか。という結論に至りました。(ここで恩を売っておこう、というロクデナシの考え方です)

 

そしてここから抜け殻となった私の車選びをご覧にいれます。

 

スタート

3列目もしっかり座れるシートというところで、多くのMクラスミニバン及び、Lクラス(スタイリッシュミニバン)は候補から消えました。
シートヒーターというところでエルグランドとアルヴェルに絞られました。

そして、アウトドアのアイテムを沢山積める、という所でアルヴェルに絞られ、付き合いのあるディーラーがトヨペットなのでアルファードと決まりました。

次にグレードですが、シートヒーターと明るい内装を兼ね揃えるのは2グレードしかなく、あっという間に絞り込まれ、ディーラーに通う事3回目で好条件を提示いただき無事契約→先月納車というのが今回の流れです。

私の文章ですと雑に選んだ様に見えますが、わりとしっかりと選んだつもりです。

家から歩いて行けるところにトヨタ ネッツ店(ヴェルファイア、ヴォクシー)カローラ店(ノア、エスティマ)ホンダカーズ(ステップワゴン、オデッセイ)があり、カタログ及び車内のチェックは済ませました。ニッサン(エルグランド、セレナ)は以前乗せてもらった事があったので、最初に挙げた車種の中で本当に何も触れなかったのはデリカD:5ぐらいのものです。(それでも「デリカD:5の全て」は買って読みました)

今回はクルマに対する余計な思い入れが無く、またポイントが絞られていましたので、カタログの目の通すところや内装の見るべきところが焦点化され、候補をバッサバッサと斬っていくことができました。

私の場合、いつものコダワリモードよりも抜け殻モードの方が良い面もあるという事ですね。

 

今回発見した事、
それは、

クルマ選びからワクワクを排除すると思いの外スマートに事が運ぶ

という事です。良いのか悪いのかは別として。

そして納車から1ヶ月でフロントガラスに飛び石を喰らい、ケチを付けられたのは皆様の記憶にも新しいでしょう。でもいいのです。厄落としと受け取っています。

最初のオイル交換が終わったら、改めてアルファードのレビューをしたいと思います。

おわり

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • そうだったのですか。
    私もハイエースは好きですが、奥様の希望でハイエースは除外されたのですね。
    家族の事を考えるといい選択じゃないですか。

    アルファードもいい車でしょう。優等生の車ですよ。
    ハイブリッドなら、ガソリン代が浮くから、その分でアルミホイールでも付けたら…
    なんて事は考えないで、ご家族の意見を尊重してください。

    • 無骨で実質的なクルマが道具として使いやすいのでハイエースが好きです。
      アルファードだからこそ出来るアウトドアでの使い方、という様なものを現在模索しております。

      トヨタ車は優等生ですね。飽きる、と言うか馴染むのが早い感じがします。
      ハイブリッドですが、イニシャルコストをランニングコストで回収する事はほぼ不可能ですので、浮いた分はそのまま補填分となります。笑

      ただ、車関連の買い物としては、ドライビングレコーダーの追加を考えています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください