悶々とした昼下がり

7/17,18は友人からキャンプに誘ってもらっていた日です。

こういうお誘いは本当に嬉しく、普段なら絶対に乗るのですが、今回はタイミングが合わず、行くことができませんでした。
私は普段から童心なので童心に返る事はないのですが、キャンプって椅子に座ってぼ〜っとしているだけでもウキウキするぐらいに私を滾(たぎら)らせるものがあります。

で、ついにきた当日、我慢できずに友人に「天気はどう?」なんてメールをしたのですが、用件ついでに焚き火の動画なんて送ってきてくれて、羨ましさが爆発しそうになりました。
その動画からは匂いなんかする筈がないのに、スモーキーな香りを感じ、そこからキャンプ場の夜の空気や虫の鳴き声、星空などのキャンプの良い思い出が一気に押し寄せて、大きなため息をつきました。

そして明けて次の日、まだ少し悶々としていたので、キャンプ気分を味わう為に、またしても適当にパエリアを作りました。私にとってのここ最近の野外料理のスタンダードはパエリアなのです。

image

勢い余って2合ずつ作ったので、合計4合です。
家族3人、一食で4合です。その内の一人は園児です。

上のが2種のソーセージのパエリア、下のがタコのパエリア。
タコの方は魚介ということで、チキンコンソメに鰹出汁を少量加えてみたのですが、これがどうも思ったのと違って、サフランの香りをぶっ殺す結果となり、次回への反省となりました。
私、いらんことしたら大概こうなります。でも試さずにはいられないのです。

家族はおコゲが好きなので、蒸らし後に焦げ目をつけて、見た目も香ばしく美味しそうになり、それはそれは食欲をそそりましたが、しかし、さすがに4合完食は無理で、結局夜ご飯もパエリアとなり、なんとも言えないこととなりました。

 

なんともいえない料理ですが、これはこれで野外で食べると文句は出ない味なんだと思います。
サフランがどうとかこうとか、小さいことです。みんなでワイン飲みながらワイワイと食べていたら、作った人間もサフランを入れたことも忘れるかもしれません。

焚き火で料理がしたい今日この頃、お盆は時間があるけど、人が多いのは苦手。次に外でメシを作るのは何時になる事やら…..。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください