ナビの続き

2日間でナビ選定をと聞かされていたのですが、モーター屋の都合で一週間期間が延長されました。
という事でナビ選定に余裕ができました。勿論予算にではなく、時間にです。
しかしナビ、高いです。PCと同じくらいします。

 

さて、今更ですがカーナビの3パターン、ご存知でしょうか。

○ MOPナビ (メーカーオプション)
○ DOPナビ (ディーラーオプション)
○ 社外品

主にこの様に分けられます。
まずMOPナビの特徴ですが、新車注文時にのみ付ける事が出来るナビで、車との整合性、デザインなど収まりが良く、またミニバンに至っては所謂”きのこミラー”が付かないなど(カメラ配置による)、人気のオプションとなっています。
ナビの性能は製造メーカー次第なのですが、ともかくお値段が高い場合が多く、資金に余裕がある方向けのチョイスとも言えます。30系アルファード/ヴェルファイアのMOPナビでは様々なセットオプション込みですが70万、そして後席モニター付きなら90万円ほどします。

 

次にDOPナビですが、一昔前までは”安かろう悪かろう”と思われていたもので、どうしてもデザイン的にMOPナビに劣る場合が多く、あまりナビに詳しくない、又はお年寄りのチョイスと思われがちでした。
しかし、近年少しずつ状況は変わってきており、MOPナビよりも大画面のものや、トヨタですとT-connect対応のもの、そして通信機を備えるモデルも出てきており、昔の様にバカにできません。
また、保証期間が3年、そしてディーラー対応してもらえる事も安心につながります。
ただ、走行中にナビ操作及びTV視聴を可能にするには、別途TVキットを取り付けなければなりません。これはスマートさに欠けます。一部ハンドルスイッチでできるものもありますが、長押しや特別な操作は正直面倒です。

 

最後に社外ナビです。
様々なメーカーから幅広いラインナップで出ているので選択の幅は広いです。値段は数万円から数十万円までと、PCと同程度の価格差です。
私感ではナビの性能は社外ナビが最も高いと思っております。又、音楽や動画再生に関してもMOPやDOPより高性能です。そして拡張性もあり、単体アンプを追加するなどオーディオに散財する事もできます。
また、運転中のナビ操作、TV視聴もTVキットなどは必要ない場合が多く、非常にスマートです。
ただし、保証は基本的には1年間です。別途お金を掛けると延長保証が受けられる場合もありますが。

ともかく今回のチョイスは社外ナビです。そして予算も限られています。

週末までに考えようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください