「ターク truk クラシックフライパン」コーティングが剥がれ切ったので、新しいフライパンを買いました 。

題名の通り、フライパンがダメになったので、新しいフライパンを買う事にしました。これはさすがに無駄遣いじゃありません。

使っていたコーティングのフライパン、元々はキャッチコピーに嘘偽りなく、目玉焼き、チャーハン、そして焼きソバまで油なしで調理する事ができていました。しかしいつの頃からか徐々にくっ付く箇所が出てきて、最後にはその焦付きが全体的なものとなってしまいました。

アウトドアで使っているダッチパンやらで暫くは餃子や焼きそばを焼いていたのですが、これが油のタイミングや温度管理を少し間違うと、がっかりするぐらい焦げ付くのです。餃子なんて、器に入れる時に皮がすべて鍋底にへばり付き、中身だけが皿にボロボロと…。また、その事実をテーブルで待つ家族に報告しなければならない辛さといえば…。

というわけで、私主導でのフライパン探しが始まりました。

で、今回候補に上がったフライパンは、、、というか、私の独断で一目惚れした「ターク turk クラシックフライパン」ってものをいきなり買いました。それは、28センチの鉄製フライパンです(笑)

スポンサーリンク

送られてきてダンボールを運送業者から受け取った瞬間、重みで荷物を持つ両腕がぐわ〜んと下がりました。ダンボールを開けるのが怖くなったのですが、そんな事を言っていても始まらないので、少々荒っぽくダンボールを開けると、写真で見るより場所をとりそうな物体が出てきて、口の中が乾きました。

image

なぜか最初から少し赤錆が浮いていたので、ダッチオーブンのサビ落としの要領で、ゴシゴシと削り、くず野菜などを炒めるシーズニング作業を2セット済まし、その後にお好み焼きを焼いてみました。鉄板の厚みが割とあったので、これは均等に焼けるのでは、と期待してひっくり返そうと取っ手をつかんだ瞬間、戦慄が走りました。

フライパンが重くて上がらないのです。後で知ったのですが、重量は1,9kgとありました。それにお好み焼きの重量が加算され、とんでもない重量となっていたのでしょう。ともかく、取っ手が長めなので、革グローブを両手に付け、両腕を使って返そうとした時、またしても問題が。

この取っ手、しなるんです。ぐぉ〜んって。
取っ手がしなるフライパンは初めてで、軽い衝撃を受けました。

ともかく、このフライパンはステーキを焼く時や、アウトドアで使う事になりました。取っ手まで金属なので焚き火での調理にも耐えられそうなので。

という事で新しいフライパンを買います。(笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください